banner

HOME > 肩こり解消法 > 半身浴のすすめ

半身浴のすすめ

肩こりの解消には半身浴も効果的です。少し前にブームとなり、今やすっかり定着した感のある半身浴ですが、正しい方法で行わないと十分な効果を得ることはできません。よく、半身浴は寒いという人がいますが、それは方法が間違っている場合がほとんどで、正しい方法で半身浴を行えば全身浴よりも体を温めることが可能です。たとえば、半身浴を行う前に全身を濡らしてしまってはいませんか?半身浴を行うときは、お湯から出ている胸から上の部分は濡らさずに入るのが基本。肩から掛け湯をして入ったりすると、濡れた上半身から体温が奪われてしまうので、掛け湯は腰から下だけにして行います。それでも気になるようならば、肩にタオルをかけて入るといいでしょう。お湯は38℃~40℃程の、ややぬるめの温度で30分程度入ります。体温よりほんの少し暖かい程度のお湯に長時間入ることで、のぼせることなく体が芯からポカポカ温まってくるはず。始めのうちはそうでもないのですが、20分もすれば驚くほど汗がでてきて、体が温まっているのが実感できると思います。それだけ血行が促進されており、それが肩こりの解消にもつながっているのです。一方、全身浴で熱いお風呂につかる方が気持ちいいという人もいるでしょう。確かに冷えた体を熱いお湯につけるときのあの感覚は、ちょっと得難いものがありますし、熱いお風呂に入ることでより体が温まるような気がするかもしれませんが、実はそうではありません。熱いお風呂に入っても、温まるのは体の表面だけで、意外と芯から温まっているわけではないのです。のぼせてしまうので長時間入っていられないということもありますが、人間の体にはお風呂のお湯が熱い場合には温まりすぎないようにしようとする機能がついており、それによって体温が上がりすぎることを防いでいます。半身浴の場合には、温度が低く胸から上をお湯につけていないためそういった心配がありません。長時間入っているのが苦手という人は、雑誌や本などを浴室に持ち込むのもひとつの方法です。半身浴には高いリラックス効果もあるので、ストレスによる肩こりにも有効かもしれません。

Copyright(c) 2012 肩こり解消ナビ All Rights Reserved.