banner

HOME > 肩こり解消法 > 視力の改善

視力の改善

視力が悪いと肩をこりやすいというのは、意外と知られていない事実です。目がいい人にはわからないかもしれませんが、視力が悪くて文字などが見にくいと、どうしても目や肩に力が入ります。また、目には自動的にピントを合わせようとする機能があり、私たちは無意識にピントを調整しながら物を見ているのです。視力が良い場合にはこうした機能は微調整程度ですむのですが、視力が悪ければ悪いほど無理にピントを合わせようとして、それでも見えないので肩に力が入るということになります。これが視力が悪くて肩がこる仕組みです。とはいえ、視力の回復は簡単にできるものではありませんから、肩こりにならないためには視力を適正に矯正してやる必要があります。視力そのものが回復できなくても、メガネやコンタクトレンズを使うことで、視力の矯正は可能です。矯正すれば何かを見るときに目がピントを合わせようとする負荷はかなり小さくなり、肩こりの改善につながります。ただし、視力というのは少しずつ変化しているので、メガネやコンタクトレンズで矯正を行う場合には定期的に検査を受けて合わなくなったら交換する必要があります。合わないメガネやコンタクトレンズを使っていると、よけい目に負担がかかってしまうので、面倒でも視力のチェックは必ず行うようにしましょう。

視力の良し悪し以外にも、目が原因の肩こりとしては、眼精疲労があげられます。これは、細かい文字やパソコンのモニターなどを長時間見ていることなどによる目の疲労で、OA機器が普及するにつれて多くなっていると言われています。こうした眼精疲労は、肩こりや頭痛を引き起こす原因として現在注目が高まっているのです。パソコンのモニターはテレビの画面と同じように考えがちですが、実際のところ眼精疲労を引き起こす原因として考えると全然違います。パソコンやタブレット、スマーフォンから出ている青色光が目に大きな負担を与えており、眼精疲労の原因になっているのです。最近ではこのブルーライトを遮るメガネなども販売されているので、仕事などで長時間パソコンの画面などを見る必要があるという人は、使ってみてはいかがでしょうか。眼精疲労は、肩こりはもちろん、頭痛やストレスなどを引き起こす症状です。視力を上手くコントロールしながら肩こりにならないように調整していきましょう。

Copyright(c) 2012 肩こり解消ナビ All Rights Reserved.