banner

HOME > 肩こり解消法 > ストレスの解消

ストレスの解消

ストレスも肩こりを引き起こす要因のひとつです。精神的なストレスがなぜ身体の不調であるストレスを引き起こすのでしょうか。その理由はいくつかありますが、ひとつは無意識に肩に力が入ってしまうという点です。たとえば、仕事がストレスになっている場合、仕事中は常に気を張っているため自分にはそのつもりがなくても体が身構えてしまっていることがあります。こうして肩に力が入っている時間が長くなればなるほど肩は凝りやすくなりますので、ストレスが多いと肩こりがひどくなってしまうのです。特に、些細なことでもストレスに感じやすい繊細な人は常に何らかのストレスを感じてしまうため、肩こりになりやすいと言われています。また、ストレスが神経に与える影響によって肩こりになっている場合もあって、これはストレスを感じることで交感神経と副交感神経という本来バランスよく働くべき自律神経がうまくコントロールできなくなってしまう場合です。こうなると、筋肉が不必要に緊張したり、血流が悪くなったりして肩こりを引き起こしてしまうのです。こうした自律神経の乱れは、場合によっては不眠などの症状を引き起こすこともあり、眠れないことで体が休まらず、肩こりになってしまうこともあります。さらに、ストレスによってホルモンの働きが乱れ、血液がドロドロになることも肩こりの要因としてあげられます。

ストレスによる肩こりを改善するためには、その原因となっているストレスを取り除くのが最も確実な方法です。とはいえ、ストレスになるからといって簡単に仕事を止めるわけにはいかないですし、成績が上がらないからと言って勉強を止めてしまうこともできません。簡単にやめることができないからこそストレスになっているのです。そんな時には、ストレスを解消する方法や時間をとってみましょう。ストレスを解消できる趣味の時間などを意識して取るようにして、ストレスが溜まらないように工夫してみるのも良い方法です。簡単にはできないでしょうが、仕事や勉強に対する考え方を変えることで、ストレスだったことがそれほど苦痛でなくなることもあります。

Copyright(c) 2012 肩こり解消ナビ All Rights Reserved.