banner

HOME > 肩こり解消法 > 運動不足の解消

運動不足の解消

運動不足になると、肩が凝りやすくなるものです。肩こりは、肩をあまり動かすことなく緊張した状態が続いて血行が悪くなった状態ですから、普段からバリバリ運動している人はあまりなることはありません。体を動かせば筋肉もほぐれますし、血行も促進されます。逆にあまり動かずにいるとどうしても体全体の血の巡りが悪くなるとともに、筋肉も凝り固まってしまうのです。ですから、肩こりを解消して肩の凝りにくい体を作るためには、しっかり運動するという方法もおすすめ。もちろん運動は肩こりの予防以外にも体を丈夫にしたり筋力をアップしたりといった効果があります。筋力がないと腕や頭を支える肩の筋肉が負担に耐えられず、肩こりを引き起こすこともあるので、適度な筋力をつけておくことは大切なのです。

運動不足だからといって、いきなりハードな運動をするのも体には負担がかかりすぎる場合もあります。肩こりに悩むほど普段運動をしていないのに、いきなり何キロものランニングをするのは少々負荷がかかりすぎるかもしれません。とりあえずストレッチやウォーキングから始めて、体力がついてきたらランニングなどを取り入れるのもいいでしょう。水泳などは全身を使った有酸素運動で、健康維持のためのスポーツとしては大変効果的。クロールにせよ平泳ぎにせよ、肩の筋肉をしっかり動かして泳ぐ必要があるので、肩こりの解消にもおすすめです。社会人になると特に毎日運動するというのは難しくなるので、週末にスポーツジムで汗を流したり友人とフットサルをするなどの運動をしながら、平日は一駅多めに歩くなどすれば肩こりの解消には十分です。運動はもちろん健康のためにも良いですし、ダイエットにもなります。運動不足による血行不良は、肩こりだけではなく動脈硬化や心不全など生活習慣病につながることもあるのです。現代は交通が便利になったことやデスクワークの増加によって慢性的な運動不足に悩む人が多くなっています。できるだけ意識的に毎日の生活に運動を取り入れていくことが大切なのです。

Copyright(c) 2012 肩こり解消ナビ All Rights Reserved.